スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日から半年

今日で震災から6ヶ月。



多くの命が失われたあの日から半年。



そしてアメリカでの同時多発テロから10年。



突然、大切な存在を失った悲しみは計り知れないと思います。



やり場のない深い深い悲しみ、そして憤り。



それでも前を向いて、一歩一歩進む被災地の方々。



その姿を見ると、いつまでもくよくよしていてはいられないと思います。



     008



この写真は震災当日の朝のものです。



本当に穏やかな空でした。



     020



そしてこの数時間後にあの地震が起きました。



地震発生後、コウは2階のトイレで震えていたそうです。



リビングの毛布には失禁した後がありました。



コウのように怖い思いをした子はたくさんいたと思います。



そして飼い主さんを失って、悲しむ子も・・・・



愛しい存在を失って、悲しむ飼い主さんも・・・



     029



そして私たちはコウをなくして、さらに命の尊さを認識しました。



命のはかなさも・・・



世の中に生を受けたものは、その瞬間「死」に向かって歩み始めます。(←誰かの受けうり)



それは誰でもどんな生き物でも平等にあるということです。



「生きている」ということ、その瞬間を大切にしたい。



つらくても、悲しくても・・・生きているという今に感謝の気持ちと誇りを持って。



      057



一歩ずつ歩んで行きましょう。



   



震災で亡くなった多くの方々のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト

コメント

§ No title

あの頃の(3月)ブログを懐かしく拝見させていただきました。
コウくんが怖くてお漏らししちゃったり、みんなにピタッとくっついていたり、いっぱいいっぱい我慢していたんですね。
一人の時はどんなに怖かったんだろうと思うと、なんだか切なくなってしまいました。
でも、それから事務所でお留守番するようになり、とっても楽しそうでしたね。
誰かがそばにいてくれるだけで安心できるんですよね。
ブログを通して、忘れかけていたあの頃のことを再び思い出すことができました。
ブログは自分だけのものではないということをつくづく感じました。
そして、忠実にあの頃のことを書いて残していただきありがとうございました。

§ No title

うーん。
何と言えば良いかわからないけど、信じられないことがたくさん起きた年だった…。
地震が起きた時、みんなの無事を知って、すごく安心してホッとして。
やっと落ち着いてきたのかな、また少しずつ、みんなで遊びに行こう!と思っていた矢先にコウちゃんを奪われ…。
神様はほんとにいるんだろーか。
なんでこんな嫌がらせみたいなことすんだ。って思った。
でも、私たちは生きているし、生きていかなきゃいけないし。
私はかるびを守っていかなきゃ。
人生しんどいと思うこともあるけど、楽しく生きていかなきゃね。
みんなで助け合いながら少しずつ進んでいこうね!

§ No title

ここ数日間は、東日本大震災や9.11のテロの報道番組を
放送していますね。
普段の生活に戻った人達や、まったく震災当時のままの場所は
少しづつでも復興しつつある場所、さまざまですね。
東日本大震災関係の仕事に就いたので、忘れることもなく
今も真っ只中で、少しづつ復興している場所があることに嬉しく思っています。
そして、いまこうやって生きていることに感謝しながら1日1日を大切に
過ごしていこうと思っています。

§ No title

もう半年過ぎたという気持ちと
ちゃんと前に進んでいるのかな?この国は
と考えてしまいます。
人々の気持ちは
あれから時が止まってしまった方も大勢いると思います。
それでも時は止まらないし
ここ何年か、いろんなことから
命というものを考えることが多くなりました。

§ No title

あっという間に半年過ぎました。
余震が起きる度に、津波の映像を見る度に
あの恐怖がよみがえり、震えます。
でも家族がいる、家がある。
私達は幸せだと信じて、前を向いています。
震災でコウちゃんで命の尊さ
学びました。分かっていても、感じてる以上の
尊さ、はかなさですよね。
自分にも何がおきるか分からない。
毎日が当たり前じゃない。奇跡なんだと感じて
感謝しながら、笑顔で元気に前を向いて
生きて生きたいです。

§ No title

被災地の知事さんが「まだ終わってないのに風化していくのが怖い」とおっしゃってました。まだまだ厳しい現実が続いているのでしょうが、報道も減り、遠く離れていると記憶が薄れてしまいます。
愚痴がでるとき、不平不満がでるときは、感謝の気持ちを忘れている・・・ため息がでそうになったら、自分に言い聞かせるようにしています。私は何も失っていない、文句は言ってはいけないって。

飼い主さんと離れ離れになっているワンちゃんたちの預けられている施設をテレビでやっていましたが、お世話とかお手伝いができるといいな~と思ってしまいました。広い土地とお金があれば、みんな引き取りたいくらいです。

コウくん、虹の橋の向こうで震災で亡くなったワンちゃんたちとも仲良く遊んでいるのかな?「そっか~辛かったんだな」なんて言いながら。。。

§ No title

テレビで地震の速報が出る度にコウ君の事が気になっていました。
でもいちごちゃんと会社に行くようになってホッとしてたんですよ。
今日もまた地震の速報でてましたよね。
まだまだコウ君のような思いしてるワンちゃんたくさんいるんですよね。

§ No title

あの震災から半年・・・家を失った友達がいますが、今は生きていられるだけで幸せだと言っています。もう二度と味わいたくないですけどね・・・

§ No title

ほとんどの人が経験したことがないほどの大震災・・・6ヶ月経ってもまだまだ現地は大変なんだと思います。
偶然にも同時多発テロと同じ11日、なんだか深く人生や生き方を考えてしまう日になりました。
でも亡くなられた方々や動物たちのことを考えたら、自分も前を向いて歩くしかないんですよね。
きっと虹の橋を渡った子供達が見守ってくれているから。。

§ No title

あの地震は本当に恐かったです。
あんな事がこの日本でおこるなんて考えもしませんでした。
そして 9.11のテロも とても信じられない事件でした。
私事ですが2年前トビーとランの子が授かり、8匹の命が
生まれました。
残念ながら4匹しか生きられませんでしたが、亡くなって
しまった赤ちゃんを手に取り、この世に生を受けるって事
は奇跡なんだ!!と思いました。
偶然が重なってこの世に生まれ出た命なんだと思いました。
当たり前に出産して 当たり前に育ってるわけではないんだ‥
と思いました。
これからもどんな事がおこるかわからないけど、一日、一日
を大切に過ごしたいと改めて思います。
ママさんの強さ、本当に頭が下がります。

§ No title

嘘みたいな半年でした。
私はコウ君やママさんパパさんから自分の周りにいる人をもっともっと大切にしなければと気づかされました。当たり前の存在、それがどれだけ大切だったのか、今になって分かります。
亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りします。

§ No title

5月に犬と共に大船渡でのイベントに参加してきました。ふれあいコーナーで待機していると、しゃがみこんで我が家の愚息(コギ男子・5歳)をずっとずっと撫でてくれる女の子がいました。かたわらにかがみこんだ女性が問わず語りに話してくださいました。「地震の時の津波で、飼っていたコーギーの女の子を流されました・・・」
思わず絶句して涙してしまいましたが、あのご家族は今頃どうしていらっしゃるかと今でも気になっています。
おとうとおかあみたいに前を向いていてくれることを祈るばかりです。

§ No title

半年前の今日、北海道の私の会社もかなり揺れました。
今までにないほど長く揺れ、とても不気味でした。


コウちゃんのその日の様子をママさんが書いてくれた時
どれほどの恐怖だったかと思うと切なくて泣いてしまいました。


たくさんの方々が亡くなり、行方不明になり
いまだ不便な生活を強いられている方々もいらっしゃいます。

生かされた私たちは今まで以上に日々を大切に暮らさなければなりません。
コウちゃん、おばちゃん頑張るからね。
見ててね!!
で、時々お留守番のみっけと遊んであげてね。

§ No title

被災地の動物たちがどうなっているのかを検索していて、だどりついたのが、コウママのプログでした。毎日仕事から帰ってきてPCを開いて・・・それが日課となってしまいました。被災地の映像は今も毎日のようにTVで流されていて、津波で流されていく家の中に、人がいるだろう、お留守番をしているワンコやニャンコ達がいるだろう、庭でつながれたまま津波に飲まれてしまった子もいるだろうと、映像をみるたびに、涙がでてきてしまいます。また、コウ君の病気から、同じように逝ってしまった子や今も戦っている子達のプログも見るようになりました。何事もない平穏な日々がどんなにか幸せな時間であるのか、この時間がどんなにか貴重であるのか、気づく事ができた。人間とワンコでは1日の長さが最初から違う。彼らの時間の方が駆け足で進んでいく。だから、一緒にいられる時間を大切にしなければ!そして一緒にいられるという事に感謝しなければ!そう思うようようになりました。コウママ、いつも楽しいプログ更新ありがとうございます。これからも頑張ってくださいね。

§ No title

震災から半年、テロから10年、偶然ぴたりと合った日ですが、運命というか何かを考えずにはいられないです。
尊い命が奪われた日。私たちは今生きていて・・・なんていうか複雑な気持ちになります。

でも、コウくんの一歩ずつ歩いている写真を見て、小さくても一歩、一歩明日に向かい生きていかなくてはならないって思いました。
コウくん、虹の橋で見ていてね、見守っていてね。

§ No title

こんばんは。
あの同時多発テロも、地震も、11日だったんですね。偶然とはいえ、沢山の命が消えた事が辛いです。
今、普通にこうしている事が、幸せなんだと、思います。

§ No title

半年前初めてコメントしたのを覚えています。地震と
聞いて茨城のコウくんところは無事?ブログが更新されて
ないと不安に思って。
皆さんのご冥福をお祈りします。

§ No title

何もないときは、生きていることが当たり前と思えるけど・・・・
そうじゃないんですよね・・
地震や台風、テロ、いろんなことで命を落とした方や動物たちがたくさんいること、
本当に心が痛みます。
命あるもの、いつかわ別れの日がくる・・・
わかっているけど辛いですね・・・

§ No title

あれから半年ですね
あの時を思い出すと
本当に恐怖です。
そして、たくさんの人が悲しみせつない思いをしている
今もテレビを見ていると
厳しい現実が・・・
早く、1日でもはやく、みんながなんでもない生活が出来るようにと祈るばかりです

コウさん怖かったんだよね。
頑張って耐えてたね。偉かったよね。

川散歩のコウさん見てね
そこ気持ち良いよね♪って
コウさんウマウマ食べってかぁ~
たまには山の方にも遊びに来てねぇ~

§ No title

もう半年が・・・と思う気持ちが、被害に遭われた方たちにはどんな風に聞こえるのかと思うと、言葉を探してしまいますが皆さんにどうか心折れずに、お身体大切に、明日へ歩んでいただきたいとお祈りします・・・とエールを送りたいです。
そして、コウママさん、コウパパさん、沢山のコウ君の写真ありがとうございます。更新されるのがとても楽しみです。コウ君の「笑顔」最高です。かぶり物コウ君、最高です。我が家の「めい」は、もうすぐ虹の橋のを渡ってから8カ月になります。部屋のいたる所に飾ってあるめいの写真に話しかける毎日は、しばらく続きそうですが、思い出に変えるつもりはないので、いつまでも「一緒」の生活だと思っています。コウ君への愛情が沢山溢れているブログ楽しみに見せていただきありがとうございます。

§ No title

あの震災が起こったとき私は入院していました。
かなり大きな病院でしたが病室のブラインドが ゆらゆら揺れて
同じ部屋のお見舞いに来ていた人が「地震や!」と叫びました。

みんなでテレビをつけて少しすると報道特別番組が始まり
そこには信じられない光景が広がっていました。
仕事中だった会社の人たちはビルから飛び出したそうです。

遠く離れた三重でさえ、そんな状態でしたから
コウくんの恐怖は かなりのものだったのでしょうね。かわいそうに。

あの地震でご家族を亡くされた方、いまだ行方不明の方
流されてしまった動物たち・・・
映像を見て何度泣いたかわかりません。
本当に衝撃の出来事でした。
そして原発・・・
残された動物たちの共食い。 そして死・・・

先日は台風被害で行方不明になった方、お亡くなりになった方がいます。
ラジオで「今年は心が折れそうになる年ですね」って・・・
本当にそうだと思います。
コウママさんや コウパパさんのも 大切な一人息子を
虹の橋へ見送って その悲しみは計り知れないでしょう。

でも今を大切にって前向きでいてくれる それが心の救いです。
コウくんの そして亡くなった方々 被害にあった動物たちの
ご冥福を お祈りします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おとう

Author:おとう
2011年8月19日に虹の橋を渡ったコウの日記です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。